メインイメージ

刑事事件は早めに弁護士に相談しましょう

家族や知人など大切な人が刑事事件などを起こしてしまった場合、悪いことをしたのは十分わかっているのでしょうがどうにか助けてあげたいと思うのではないでしょうか。その場合、刑事事件に慣れている、強い弁護士に依頼することを検討するはずです。しかし、どうやって探したらよいか、強いとはどうやって判断するのか分からないでしょう。

強い弁護士のポイントは3つあります。まず、不起訴率が高く多いことです。その数字が法律事務所の売りになるはずですから、ホームページなどに掲載しているはずです。また、刑事事件の実績数、相談数も併せて確認しましょう。次に、土日祝日なども対応してくれる法律事務所であることです。刑事事件は1日1日がタイムリミットになりますから、会社が休みなので休み明けに対応します~なんてことはありえません。そして、被疑者を取り調べる検察官の経験がある弁護士がいる法律事務所も心強いポイントとなります。探し方は、インターネットや知人の紹介、弁護士会や市区町村役場でも紹介をしてくれます。

依頼を検討するなら、逮捕からなるべく早く行った方が良いです。刑事事件は、一度のミスが取り返しのつかない結果を生むこともあると言われています。もっと早く弁護士に依頼しておけばよかった……と後悔する方も多くいるものです。刑事事件の弁護士費用は逮捕直後に頼んでも、10日後に頼んでもあまり変わらないとされていますし、悩むくらいならまずは相談に行ってみましょう。