メインイメージ

債務整理は弁護士に相談しましょう

債務整理とは、借金が増えすぎて返済できなくなったり、経済状況が破たんしてしまうなどの危機的状況になった場合に借金=債務を無くしてしまう法的手段です。債務整理には、任意整理、特定調停、自己破産、個人再生があります。どのケースを選ぶとしても弁護士に相談することをおすすめします。例えば、全て自分一人で行うとします。それは債務を無くされる債務者にとってはどの選択を選んだとしても債権を100%回収できないのですから、話し合いがスムーズにいくわけがありませんから、トラブルを招くことになるでしょう。また、法律に基づいた諸手続きをやったことがないあなたが、調停の申し立てや手続きを行うとしたら無駄に時間を費やすことになるでしょう。

実際に弁護士に依頼した方ですと、任意整理を弁護士を代理人としたら金融業者から催促の電話が来なくなったとか、利息が高い契約でお金を借りていたために残債額が減らずに困っていたが弁護士を挟んだことで残債を減らし返済予定を明確に出来たなどの体験談もあります。依頼をした結果が良かったというだけではなく、相談の時点であなたに合っている方法をいくつか提案してもらうことができますし、一緒に考えてくれる心強さもあります。

債務整理を弁護士にお願いしようと思ったら、まずは債務整理経験が豊富な法律事務所をいくつか訪ねて相談してみましょう。それから、あなたに分かり易く、案件についても弁護士費用についても明確に話してくれる弁護士を探しましょう。