メインイメージ

弁護士の業務

弁護士には様々な業務があります。

業務分類

一般民事

一般民事においては、例えば離婚や相続などの問題を取り扱います。過払い金の返還などのほか、保険の請求などを行う事ができます。

企業法務(広義)

企業の金融・税務

企業法務(狭義)

ジェネラル・コーポレートとも呼ばれ一般企業法務などをします

その他

弁護士でない人物が、自分は弁護士であると勝手に名乗ることは法律で禁止されています。

他の士業との兼業

弁護士は、弁理士や税理士の資格試験などが無くとも、その仕事をすることができます。また、本来の弁護士としての職務として必要な場合に限っては、司法書士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士、海事補佐人といった職務も行う事ができます。

訴訟代理権

訴訟代理権とは訴訟の代理権の事を指します。

弁護士の人口

現代は「弁護士過剰問題」というのが取り沙汰されるように弁護士の数が増加し、需要に対して供給が大きくなっている事もあります。

弁護士会とは

弁護士会とは地方裁判所の管轄ごとに設置された弁護士会や、日本弁護士連合会が弁護士の監督を行っています。他の公権力などからの影響を受けないよう、弁護士は弁護士として独立して自立することを弁護士自治と呼びます。この弁護士会や日弁連には弁護士は強制加入となっており、弁護士登録をした人間は必ず入らなければなりません。弁護士会の会費は非常に高額で、1年あたりの会費は約60万円にも及ぶと言われています。

弁護士の宣伝広告

弁護士の宣伝広告はその職務内容からあまりCMなどの宣伝はするべきでないという考えがありましたが、2000年台から大丈夫になりました。